« 「うちわ海老」 | トップページ | 福山市老人大学記念式 »

ぎんなん 収穫

お城では色々な大木が、沢山見られます。その内「モミジバスカケノキ」紅葉してきました。031

大木の隙間から眺める光景に心引かれて、9月25日 シャッター切りました。(阿部正弘銅像の後方に有ります)Photo

毎朝 一番にお城に来て皆々様(ラジオ体操会)のお世話して下さってます方が、折角拾った 「ぎんなん」を譲って下さいました。 有難うご座居ます。

昨年は Kさんよりぎんなんの皮取り方法を砂に1ヶ月埋めて取り出したら、良いよと教えて頂いた。Photo_2  そのぎんなんが、残っていたのでしょうか?・・・・・・・・4月頃だったでしょうかプランターをふと見ればなんと芽が、2本出てました。(9月24日写す クリックしたら拡大) ちょっと葉の形に目を向けて下さい。 若い木の葉ほど切れ目が多いとの事。032

切れ目が二股に分かれている黄葉・・・・雄。 切れ目ない緑の葉・・・・雌です。お城のいちよう、雄の葉小さくて雌の木より早く黄葉になり、長い間葉が散らなくて楽しませてくれます ぎんなんできたら・・・・・・・・・・茶碗蒸し、ほうれんそうとぎんなんの白あえ・・・・・・今から想像しております。

|

« 「うちわ海老」 | トップページ | 福山市老人大学記念式 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いちょうの葉に雄雌あるなんて知りませんでした物知りだね~

投稿: seo | 2008年9月26日 (金) 08時23分

とんでも ございません・・・・・
 私もラジオ体操会の方に教えて頂いたのですよ!

投稿: a s | 2008年9月26日 (金) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぎんなん 収穫:

« 「うちわ海老」 | トップページ | 福山市老人大学記念式 »