« せみの抜け殻 | トップページ | 新幹線 こだま0系 »

宮本武蔵の腰掛石

福山城の北方に 「備後護国神社」 有ります。

005

 早朝 神社のお堀に、鷺が鋭い目で、餌を捕らえていました。008

神社の石段を登っていくと、宮本武蔵が西暦1624年~1629年に

003 福山城に水野勝成 (初代藩主) を訪れた時に座ったと伝えられている石が有ります。

001

|

« せみの抜け殻 | トップページ | 新幹線 こだま0系 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

身近なところに歴史を刻んだものがたくさんあることにビックリします。
小学生のころ、庭のように遊んだ護国神社。そのころは「ただの石」でしか見ていなかったものが「偉大なる石」だったなんて。地元を、周りをもっともっと知るべきですね。

投稿: seo | 2008年7月18日 (金) 08時34分

暑いですね長いこと福山にいても知らないことがいっぱいです、パソコンの仲間が貴女のブログを見て感心しておられました暑いので毎日ごろごろして一日が終わります。

投稿: 老大中山 | 2008年7月21日 (月) 13時36分

中山さんへ
ご丁寧なコメント励みになります。(*^。^*) 
 有難うございました。

投稿: a s | 2008年7月22日 (火) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮本武蔵の腰掛石:

« せみの抜け殻 | トップページ | 新幹線 こだま0系 »